2019年1月22日火曜日

そもそも身体を温めるとなぜ身体にいいのか

こんばんは。サフィールの千恵です。


ブログの間隔が開いてきました😅 もう少し更新したいと思いつつ、なかなか・・・💧
マメではないですが、定期的に更新できるようにしていきたいと思います。



今まで、冷えは全てにおいてよくないので、身体を温める習慣をつけましょう、と何度もブログに書いてきましたが、そもそもなぜ身体を温めるのがいいのでしょうか?


当たり前のようにわかっていても、言葉で説明しようとすると意外と難しいんですよね。



まず、人が健康でいられる平熱は36.5度~37度なんです。37度って微熱では??と思うところですが、女性は特に35度台の人がとても多いのでそう感じるのではないでしょうか。



私も以前は35度台でしたが、今は何とか36.4度くらいになりました。もう少し上がるといいんですが、35度台の時はトイレも1日3、4回しか行かなかったり、スポーツしてもなかなか汗をかかなかったり、今思うと本当に怖いです💦



今は35度台の人がとても多いので、それが普通になってしまってますが、身体が冷えた状態だと様々な不調を招いてしまいます。



体温は自律神経が決めるので、自律神経が乱れると体温が下がり、自律神経が乱れるということは心の病も招きやすくなってしまうんですよ。



生命活動を維持する酵素が元気に活動してくれるのが36.5度~37度なので、この体温を平熱にすることができれば、様々な不調やストレスへの抵抗力をつけることができるので、身体を温めるということは本当に大切なんですね。



サフィールのバスト子宮ケアを受けていただくと、身体がポカポカと暖かくなるのを実感される方がほとんどです😊35度➡36度に上がった方も多く、夜ぐっすり眠れるようになった、気持ちが前向きになった、との感想もたくさんいただきました。



平熱を上げていくために、ぜひケアも受けて体質改善していってくださいね✨



二子玉川にあるプライべートサロン「サフィール」へのご予約・お問い合わせはこちら↓
ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問合せください♪
----------------------------------


0 件のコメント:

コメントを投稿